FC2ブログ
2019 / 06
≪ 2019 / 05 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2019 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は雪がちらついていましたね。冬の毎朝の日課=結露した窓を拭くこともそろそろおしまいかと思っていたのですが、まだ終わりにならないこのごろです。
このところ、仕事の前や後で、ばったり元受講生さんと会うことが多いです。今日も仕事の前後に二人の受講生さんにあって少し立ち話をしました。

さて、今日は研修の中でとても嬉しい出来事がありました。研修担当者様が最後を締めくくるメッセージの中で、私に研修を依頼した理由を伝えてくださいました。①説明が明確でわかりやすい、②要望や意図を汲み取った内容にしている(ニーズに応えている)③伝えている内容を実践していて(言行一致している)説得力がある、⇒高い研修効果が得られると判断されたとか・・正直まだまだだなというところもあるのですが、地道にそれを目指してきただけに本当に嬉しかったです。また、参加されたみなさんの熱心な受講態度や実践力の高さに触れられたのも嬉しかったです。

ところで、ニーズに応えるのは、担当者様の熱意や明確な意図なしにはできないことだと感じます。今回の研修担当者様は、目的や目標をしっかり提示してくださり、綿密な打合せやメールのやり取りをし、こちらの提示した企画や資料(演習内容も含む)に手を入れ、研修がうまく行くよう、細かな情報提供も欠かさない姿勢、膨大な時間、それが、今日につながっていると感じます。
後輩たちを成長させたいという彼女の思い、愛を、研修という形で届けているような・・。研修はプレゼント、贈り主は彼女(=組織)、そしてプレゼント作成+届ける人は私、というところでしょうか?

ここ数年、そんな担当者様が増えてきて、二人三脚で作り上げていく過程も楽しんでいます。
特に今年に入って、そういうご縁ばかり。オーダーメイドな研修は時間もかかるのですが、満足いただいた受講生様や担当者様の笑顔にやりがいや達成感を感じます。

ついでに・・・今日の受講された方の中で、フランス文学がお好きだと言う方がおられ、デモンストレーションでスタンダールの「赤と黒」が読みたいという話を伺いました。(一応本人に許可を得て書いています)それで、私もふと読みたかった本を思い出しました。そして早速帰りに図書館に行って借りてきました。フランス文学青年も絶賛してくれた、アレキサンドルデュマの「モンテクリスト伯」。願いを後押しされる出会いがあるのも嬉しいですね。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

管理人

  • Author:管理人
  • 研修講師、ファシリテーター、コーチング、コミュニケーション、アサーション、リーダーシップ、インプロ、NLP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。