FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

大下貴子(おおしたたかこ)

【略歴】
呉市に生まれる。筑波大学第2学群人間学類卒。
「授業における教師と生徒のコミュニケーションと教育効果」について研究。
1991年より学習塾、病院、証券会社、不動産会社勤務を経て、2005年クリエイトコミュニケーションを開業。開業以来、企業、病院、学校、地方自治体等において、コミュニケーショントレーニング研修、コーチングの講演、インプロワークショップを実施している。また、組織改革のための会議ファシリテーションも行っている。中国新聞情報文化センター講師。

2002~2005年 コーチ21(現コーチA) 
             CTP(コーチトレーニングプログラム)修了
(2003~2007年(財)生涯学習開発財団認定コーチを取得)
2007~2008年 アサ‐ティブジャパン 
              基礎講座、応用講座、トレーナー準備講座修了
2007~2009年 サンタフェNLP
             プラクティショナーコース
             マスターコースレベルⅠ・Ⅱ 修了
2011年    CTIジャパン  
             コー・アクティブコーチング基礎コース修了

2013年    日本アンガーマネジメント協会
             アンガーマネジメントファシリテーター™養成講座修了

日本笑いヨガ協会 リーダー養成講座修了
【資格等】
日本コーチ協会広島チャプター会員
日本アドラー心理学会会員
NLPプラクティショナー(サンタフェNLP/発達心理学協会)
プチ哲学セミナーファシリテーター
日本笑いヨガリーダー

【大下よりメッセージ】
 高2の時、「人間の可能性は無限大だ」と思う体験をし、高3の冬、「人の才能を引き出す仕事につきたい」「心理学を学べばそんな仕事につけるかもしれない」と思い進学しました。大学では、「人の才能を引き出せそうな学問」を見つけるために、1年のときから、学部を越えてゼミや授業に顔を出し、仕事心理学を中心に、一生懸命学びましたが、求めているものがそこにはないように感じました。当時、日本において心理学は10年以上遅れていると思い、一時はアメリカ留学を考えたものの、頻発する物騒な事件に怖気づき、留学を断念したのは昔の話。(コーチングが日本に入ってきたのは、1997年。その当時には、私が求めていたものはなかったのでした。。。)

 そんな私が、初心に戻ろうと、2002年、留学計画をたてるべく(人の才能を引き出すスポーツのメンタルトレーナーになろうと思っていました)ネット検索をしていた時に、たまたまコーチングに出会ったのがこの仕事を始めるきっかけとなりました。気づけば、夢実現に20年の歳月がかかっていました。

 
 人の成長を応援しながら、私自身も沢山の出会いを通して成長を促されているこの仕事について本当によかったと思っています。また、受講生様が、ご自分の成長と自分の周りの方の成長を心から喜ぶ姿を見るのは、私の喜びでもあります。
 教育に携わることで、人や組織の活力を掘り起こし、人の才能や可能性を引き出し、豊かな社会の実現のために微力ながら役立つことができればと思っています。
 勿論、自分自身の才能の開拓と可能性の追求も続けたいと思っています!
 いつかどこかでお会いできるのを楽しみにしています。
スポンサーサイト




この記事へコメントする















05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

管理人

  • Author:管理人
  • 研修講師、ファシリテーター、コーチング、コミュニケーション、アサーション、リーダーシップ、インプロ、NLP