FC2ブログ
2019 / 06
≪ 2019 / 05 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2019 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日、実家に帰り、今日は隣町の祖父母の家にお別れに行って来ました。3才迄住んでいた家でもあり、思い出が一杯詰まっています。

昨年の6月に、この家の夢を見ました。そしてその3日後にその家を手放す話を聞いたときには本当にびっくりしました。

家の中に、祖父が生前使っていた仕事用のかばんがあったので、貰って帰ることにしました。祖父は70代迄医師として地域医療に従事していましたが、この往診かばんを使っていたんです。

震災にあう前の北海道の奥尻島に行った時、無医村だった島に初めて来た医師の祖父の働き振りを住民の方からいろいろ聞きました。吹雪の夜命懸けで峠を越えて往診にきてくれたとも聞きました。そんな祖父の相棒なのか、その相棒の何代後かのかばんになるのでしょうか、、。

5月に曾祖母の50回忌で親戚が集まるときに、持って行こうかなと思っています。

帰りに近所のカメラ屋さんに立ち寄りました。おばさんが、かばんを見て、「それは、持って帰るとおじいさんも喜ぶよ」と言ってくれました。気持ちをわかってくれてうれしかったです。

ところで、かばんの中から、ハート型のもの(写真の真ん中下)が出てきました。何だかわかります?※かわいいのでお守りに持っておこうと思います。命懸けとはいきませんが、私もしっかり地域貢献のために生きたいと思います。

※アンプルカッターです。
今は注射液の入ったアンプルはこれなしで割れますが、昔はハートの引っ込んているところで、アンプルをギコギコ削ってポキっと割ってたんですね。石のヤスリみたいなものと言ったらいいでしょうか、、。

スポンサーサイト

この記事へコメントする















05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

管理人

  • Author:管理人
  • 研修講師、ファシリテーター、コーチング、コミュニケーション、アサーション、リーダーシップ、インプロ、NLP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。