FC2ブログ
2011 / 10
≪ 2011 / 09 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2011 / 11 ≫

傾聴の技術に「ペーシング」というのがあります。呼吸や、ペースなどを合わせること。相手に合わせることで、ラポールが築けるんですね。


話は変わりますが、研修が済んで、よく行くお店に立ち寄りました。そこには、カープの外国人選手などもよく来ていて、店内にはユニフォームも飾られています。マスターの人徳からか、海外や日本国中からリピーターがやってきます。

今日は元常連さんで、大阪から来られた方、また千葉から家族を連れて来られた方がいました。偶然というより、マスターにとって今日は特別な日というのをわかって、来店されていたのかもしれません・・・

千葉からお越しの方はウエスタンスタイルの服装。普段店内に流れている音楽はジャズなのですが、マスターはさりげなく音楽をカントリーミュージックに切り替えていました。

千葉から来られた娘さんは、お店にないメニューを所望の様子・・。マスターはどこかに消え、娘さんが所望する物を持って戻ってきて、お皿に盛り付けて出していました。テーブル席では、娘さんの嬉しそうな歓声が・・。

しばらく過ごしていると、カウンターに座っている私の隣に、サンディエゴ出身のテレビ映像制作会社のプロデューサーが・・。すると奥から、サンディエゴのスポーツチームのユニフォームに着替えたマスターが登場。プロデューサー氏は「なんでそのユニフォームを着ているのか?!」と言いながらご機嫌な様子。「あなたが、サンディエゴ出身だからよ。あれがお客様にウェルカムな気持ちを伝える彼のやり方なのよ」とこっそり解説。彼曰く「日曜日~月曜日まで大阪で仕事だけれど、また広島に戻ってくるよ」

これら、ある意味ペーシングなのでしょう。相手に合わせることは、マスターにとって自然なこと。気持ちを通わせる喜びを知っているからできることなのかもしれません。だから、全国から、世界からリピートするファンがいるのでしょう。


火曜日の研修が済んで、話をした受講生さんから、「上司のやり方に合っていない自分に気づいた」と感想を頂きました。是非心を通わせるペーシングの技を磨いてほしいと思います。
スポンサーサイト



研修の半分は、参加対象が管理職の方、これから管理職になる方ですが、そんな方たちの中に、地域の少年野球のチーム、サッカーチームのコーチをされている方もいらっしゃるようです。今日の研修では、スノボの指導者もおられ、その方から、研修終了後、質問をいただきました。

『「スポーツにおけるコーチング」と「マネジメントにおけるコーチング」はどう違うのですか?』

「コーチングマインドをもち、学んで頂いたコーチングスキルを使うのは、どちらも同じです。」と答えました。

さてさて、皆さん、スポーツのコーチングとビジネスのコーチングって何がどう違うと思いますか?

体験からくる、私の個人的な意見ですが
「スポーツのコーチング」は、
フィードバックを多用する 
→技術は身体感覚を伴いながら習得しますよね。例えば、膝を90度近く曲げる姿勢が基本の場合。本人の感覚では膝を深く曲げているつもりでも、それができていないとき、「膝が30度くらいしか曲がっていませんよ」とフィードバックする。正しい姿勢が本人の身体感覚として記憶されるまでフィードバックする必要があるかなあ・・と思います。

さて、他にはどうでしょうか?? 続く・・

追記
スポーツの学習は「感覚運動学習」といって、感覚・知覚系と運動機能の協応関係の学習のことを言います。
他に楽器の演奏などの学習もそれにあたります。

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

管理人

  • Author:管理人
  • 研修講師、ファシリテーター、コーチング、コミュニケーション、アサーション、リーダーシップ、インプロ、NLP