FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

20090723231613
20090723231610
昨日は竹原商工会議所でセミナーを行ってきました。夕方開催でしたが、早目に行き、たけはら美術館で池田コレクションを堪能しました。狩野探幽、俵屋宗達、横山大観の日本画があったんですが、池田元首相の自宅の床の間にこれらの掛け軸が掛かってたんだと思うとすごいなあと思いました。時間があったので、付近を散策しようとしていたら、担当の方が、自転車を貸してくださり、町並み保存地区まで行くことができました。ちょうど夕立が来て、雨宿りをしたのですが、風情があってよかったです。

日食観測器を作って日食を見た、ということで昨日から変な人扱いされていますが、実は私には変わった趣味がありまして、マンホールの蓋を見るのが好きなんですね。竹原はやっぱりかぐや姫でした。(写真)廿日市とかはね、宮島とか牡蠣だし、熊野はね、筆なんですよ~~。面白いでしょ
あ!肝心な研修。皆さんに熱心に受けていただき嬉しかったです。受講生の中にコーチ発見!デモにたくさん参加していただきました。有難うございました!すばらしい夢をお持ちの方のコーチングもできてよかったです。

さてさて、起業家の皆様へのメッセージ。3つのションのうちの二つ目、ミッションについて・・。起業家にはこれってとっても大事。「何をやるか」よりも「何のためにやるか」が明確でないと軸がぶれます。


▼続きを読む▼

深夜0時を過ぎたので日記を更新中。昨夜のカルチャー教室終了後、ミーティングの際に、朝の研修にも同行したスタッフから「よく働きますね~」と言われました。(朝と夜の間も自宅にて仕事、今月はずっ~と仕事モードです)まあ、今でこそ、完全休暇の日も設けていますが、昔は24時間365日仕事をしてました。ご飯を食べてるときも頭は仕事。寝てるときも夢の中で仕事。自己管理の問題でもあるのかもしれませんが、私としては必死なわけです。自己資金が尽きる前になんとかしないといけませんから・・。必死にしないとそれこそ必ず死ぬような気がして・・。

生死をかけた戦いとでも言うのでしょうか?泣きながら仕事してましたね。だって、0から1にするのって結構大変なんですよ~。1になったからといっても、うかうかしていると0に戻るかもしれませんし。。(今でも泣きながら仕事することがあります。実はおとといも泣いていました・・)

「よくやるね~、どうしてそこまでできるの?」と聞かれますが、答はひとつ。「だって、この仕事が好きだから・・。」命かけるくらい、仕事に対する情熱があるから、泣きながらでもやれてるんでしょうね。きっと。「好きなことを仕事にできるほど幸せなことはない。」ってことです。

さてさて、今夜は竹原にお邪魔しまする~。





「人生山あり谷あり」と言いますが、「川あり」って言わないのはなぜなのでしょうか?忍者の合言葉、「山」と言えば「川」なのにね?? ところで、今回の大雨で、(今日午後にアストラムの窓から見たのですが)大田川ゴルフ場が冠水していました。大変!近くの古川も増水し、ありえない?!ところまで水位が上がっていました。

さて、人生は山あり谷あり、ですが、起業も山あり谷ありです。「山のときもおごらず、谷のときも悲観せず、心は中庸を行け!」と小さいころから祖母が寝物語に語ってくれていました。しかし、なかなか谷のときに、中庸を行くことは難しいものです。

起業前に、1年先を行く起業仲間から、「通帳残高が2,000円(全財産)になって、困ったことがあった」という話を、そんなこともあるのか、それは辛いなあと思いながら聴いたことがありました。で、私の場合、起業後6ヶ月目、仕事が全くなく、収入0の月もあり、預金通帳のうちのひとつが残高0になり、青くなったことがありました。自宅と事務所の家賃を払う、それだけでも大変。(起業前からずっと食費1万円生活をしていたので、家賃だけが大変でした)だけど収入はなし。今後の収入の見込みもなし。どうしよう、どうしよう??うつ病一歩前まで追い詰められました。

このとき、大々先輩に相談に行ったところ、「まだ1年にならないのなら、顧客がいなくて当然!あきらめなさい。ぼちぼちやりなさい」と言われました。素直な私は、最初の4ヶ月が順調すぎたのが勘違いの元だったと反省し、大々先輩の言われるとおり、あきらめることにし、ぼちぼちやることに決めました。(たまたまこの先輩に聞いたのがよかった。メンターの存在って必要です。)

ありがたいことに、そこから好転し、今に至っています。

あの、どうしようか~(泣)という気持ち、毎月定額お給料をもらっている方には想像を絶する感情だと思います。どんな気持ちか・・正月のお餅が買えなくてどうしよう~?と思って傘を売りに出かけた「傘地蔵」の主人公のおじいさんの気持ちと言えばわかるでしょうか?いや、彼の気持ちはそんなに貧しくも悲惨でもなかったでしょう。きっと彼の気持ちが中庸なのかもしれませんなあ・・。

雷ゴロゴロですね。連休の最後、外で楽しんでいる方、雨は残念ですね。今日は、久々の休み。スケジュールを空けていましたが、内勤やむなし!午前中ユックリして、午後から超仕事モードです。その前のほんのひととき、ブログを更新しています。

さてさて、来週にも呉で創業塾があるので、創業予定者の皆様に向けて、8月1日までメッセージ発信週間としますね。

創業前にも創業してからも苦労や失敗はたくさんあります。今となっては笑い話ですけれど何から紹介すればいいかわからないくらいたくさんありすぎるくらいあります。

昨日の他のパネリストお二人の話もそうだったのですけど、苦労を苦労と感じていない、というのは起業家の共通するところ。だって、好きなことをやっているわけですから、苦労とは感じていないんですよね。

昨日の私の話、ぎっくり腰事件など、自己管理能力の欠如をさらけ出すことになりましたが、そのときはそのときで一生懸命なわけですよ。時間の関係で披露できませんでしたが、他にも鼻血ブー事件というのもありました。研修中に鼻血が出て、しかもすぐには止まらず、残りの内容を伝えるために鼻を押さえながら必死で講義をしたけど、受講生全員が、講義の内容より、私の鼻に意識を集中させていたという事件。一生懸命だったわけですよ。

そうやって、今があるのですよね。

やっぱり、苦労や失敗は楽しまなくっちゃ~~ね。

2日続けて、名言をタイトルにしています。タイトルを名言に書くって言うのもありだなあと思いながら日記を更新しています。

今日はRCC文化センターで開催中の創業塾に参加してきました。農業・畜産に情熱を注いでいらっしゃる前さん、お菓子つくりと人づくりに情熱を注いでいらっしゃる白川さんとともに創業事例発表のパネリストとして参加しました。パネリストでありながら、受講生の立場として参加した感あり。私もいろいろ勉強させて頂きました。

藤田先生には4年前のちょうど今頃、中小企業大学校の創業セミナーでお世話になって以来、お世話になりっぱなしです。創業後3年経過した去年から、創業事例の発表の場をたくさんいただいています。発表の場で「よくも悪くも大下は女性だ。そのときの体調や感情が顔に出ている。人を幸せにするために起業したのに、自分自身が幸せじゃないとは何だ?不幸せな人が人を幸せにできるわけない」と叱咤激励され続けています。有難いですよね。こんなことを言って下さる人はなかなかいらっしゃいませんから。

いつも疲れた顔で、不幸せなオーラいっぱいのときに限って、藤田先生にお会いするんですよね。タイミングがいいというか・・。正直、1年目は働きすぎで体調がず~っと悪かった(ぎっくり腰になったり、研修中鼻血が出たり、生理が何ヶ月もとまったり、半年も風邪をひいていたり)、2年目はスタッフのことで悩み暗かった、3年目は1・2年目に比べてだいぶましになってきたけれど、幸せかというと100%幸せではなかった(仕事は順調だけどプライベートを楽しめてなかった)です。

大下、これじゃいかんぞ~!幸せになるために創業したんじゃないのか~!ということで、藤田先生は、創業事例発表の場に引っ張り出して下さっているんですよね。そのたびに、自分を見直し、仕事だけでなく、自分の人生について考え、軌道修正してきました。で、最近になって、ようやく本当の幸せをつかみ始めたような気がします。「創業って本当にいいですよ!」と心から言える状態になれたような気がします。

この1年で一番大事なことを教えてもらい、しかも軌道修正できたのも藤田先生のお陰です。
創業塾にご参加の皆さん、明るい未来のためにどうか頑張ってくださいね。

8月1日(創業塾が終わる日)まで、創業支援のメッセージを日記に書くことで、皆さんを応援することにします。つづく。

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

管理人

  • Author:管理人
  • 研修講師、ファシリテーター、コーチング、コミュニケーション、アサーション、リーダーシップ、インプロ、NLP